プラスないん!

暇を持て余した理系学生が10万で株始めました。株以外にも趣味とか雑多にいろいろ書きます。

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の紹介

 

最近大学とか何かと忙しいです。

今週乗り切ればまた暇になると思うんだけど…。

うれしいのか悲しいのかわからない。

 

ここからは全く関係ない前置きです。

本題見たい人は飛ばそう!

今日グループ行動があったんだけど、まったく知らん人、前に交流したけど相性が合わなかったやつ、友達の友達しかいなかった。

そんで軽くぼっち化。

友達の友達っていうのが一番気まずいよね。

向こうからはたまーに話しかけてくれるけど、輪に入れない感じ。

慣れてないので距離感がわかりません。

こういう時ちょっと居づらいです。

ちゃんちゃん♪

以上、人間関係苦手なナインのよくある話でしたっ!

 

ここから本題。

はい、ということでね、今日は読んだ本の紹介をしてみたいと思います。

アニメ、漫画ときたので今回は本です!

正直どっちもわけわからん内容になってるから自信はないです。

ごめ~んね!

けど本の紹介やりたいんだよ!

やらせてぇ!!!

 

今回の本は「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

 

知ってる人いるでしょうか?

2008年に映画化されているそうです。

滝本竜彦さんのデビュー作みたいですね。

この本はライトノベル?になるのでしょうか?

イマイチ小説とラノベの境界がわかっていないです。

たしか挿絵がなかったので勝手に小説に分類します。

まあ、分類なんてどうでもいいんだけどね。

 

とりあえず自分なりにあらすじを考えてみました。

 

ーーある日偶然高校生の山本は不死身のチェーンソー男と戦うセーラー服の絵里と出会う。助けてもらったお礼に山本は絵里のサポートをすることに。チェーンソー男との戦いで青春とは何かを考えていく、そんなストーリー。ーー

 

いやーけっこうあらすじって考えるの難しいな!

先に謝っておきます。

なんか違うこと書いてたらごめんなさい!

気になったらちゃんとしたとこであらすじ見たほうがいいと思うよ。

まあ青春とは何なのかを書いたストーリーとなっております。

だったよね?読んだの夏だからあやふやです。しかもちょうどいま手元にないっていう…。

なんで紹介しようと思ったんだよ!ってツッコまれそう。

 

きっかけ

 

ちょうどそのころ夏コミがありまして、あれって並んでるときにすごい時間待つわけなのよ。

そんで暇だからなにかしら持ってくんだけど、自分はタブレットでアニメを見てました。

そのアニメこそ「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」…

 

 

ではないんですよね!

見ていたのは「NHKにようこそ!」です。

このアニメが放送されていたのは2006年ですね。

ちょうど10年前になるわけですが…10年ですか…。

書いててなんか刻の流れに不安になりました。胸が苦しいです。

 

まあそんなことはちょっと置いといて。

自分はちょっと昔のアニメが好きです。

今とは違った良さがあります。

そんでバスの中でも見てたから、最終回まで見ました。

たしかに感動するいいアニメでしたが、待っている列で見るようなアニメじゃないですね。

 

まあそのアニメに衝撃を受けたんで、帰ってからいろいろ調べてみました。

そこで滝本竜彦さんを知りました。

そんで自分、衝撃受けたらどっぷり余韻に浸かってしまう人なのでその人の本を買おうと思いました。

アマゾンで新刊はなく、中古で安めに買えれたので即ポチりました。

夏コミ後で金がなかったのでちょうど良かったです。

それが「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」でした。

 

余談ですがNHKにようこそ!」を見終わったあとの精神状態はたぶんやばかったです。

友人には迷惑をかけました。

 

青春とは?を追い越して人生を考えてしまう本

 

まあ人それぞれだと思いますが、自分は人生を考えてしまいました。

デビュー作なので作者自信の投影が強い作品になっているのではないでしょうか?

でもなんだろう。

この主人公の気持ちが痛いほどわかってしまう。

青春ものなのに大学生でわかってしまうのはどうなんだって思うが…。

 

自分はたまに思考の渦に飲み込まれることがあります。

頭ン中ぐるぐる新しい考えが出てきて、ボーッとしてしまうことが多いです。

たぶん読んでる最中もそんな感じで自分の現状を考えながら読んでました。

 

正直言って、自分は青春ものには弱いです。笑

まあこの作品はまっすぐな青春モノではないですが。

なんで弱いかっていうと自分があまり青春を送って来なかったからですね。

学校生活がつまらなかったわけではないです。

勉強で忙しかったですが、毎日バカやったりして楽しかったです。

けど女子成分がなかった。あまりにもあまずっぱい経験がなかった。男同士でバカをやり過ぎた。

いきなりなんのこっちゃって話ですけど。

最近アニメでも王道青春モノはきついです。

青春モノを楽しめない年齢になってきたってことですかね。

悲C。

まあそんな自分でもスラスラと読めました。

 

なので是非読んでみてください。

 

ちなみに貸した友達は話はわかるがなにが言いたいかわからんと言ってました。

まあその人は自分と同じく暇で、最近読書を始めた人ですが。

まあ人それぞれなんだなって思いつつ、ちょっと複雑な気持ちでした。笑

おわりっ!

 

広告を非表示にする