プラスないん!

暇を持て余した理系大学院生のブログ。

ジャックフルーツという野菜。

こんばんは。

 

昨日インドネシア料理を紹介しました。

 

気になってインドネシア料理の店を探したのですが、意外と少ないですね。

 

メニューも日本人風にアレンジしてあって、うーんって感じでした。

 

 

さて、昨日紹介したパダン料理を覚えているでしょうか?

 

その中で気になった食材がありました。

 

今日はその食材についての話です。

 

 何だこれ?

昨日、パダン料理を紹介したときに「そういえば日本にない野菜があったな~」とふと思い出しました。

 

f:id:plusnines:20180802213218j:plain

コレ

香辛料で味付けしてあってカレーみたいな味なのですが、たけのこと芋の中間みたいな食感でした。

 

食については多少こだわりがある私としては、スルーできなかったのでインドネシアの知人に聞きました。

 

こんなしょーもないことでメールしてすみません…。

 

実は果物だった。

 メールの返事にはこう書いてありました。

 

「それは『ナンカ』という食べ物だよ。実は熟す前のジャックフルーツなんだけどね。」

 

え?果物なの?

 

てっきり根菜のナニカだと思っていました。

 

 

f:id:plusnines:20180802214223j:plain

ジャックフルーツ

調べてみたら、これがジャックフルーツらしいです。

 

果肉はドリアンと似ているらしいです。

 

まあ、たしかに外見はドリアンのトゲを優しくして細かくした感じです。

 

これを熟す前に食べるのだとか。

 

熟したやつなら日本にありそう。

 

 

ジャックフルーツを食べるときには注意することがあります。

 

それは水をたくさん飲みながら食べることです。

 

「ドリアンは食べすぎると酔う」とか、「にんにくも生で食べ過ぎるな」とかその類ですね。

 

まとめ

まさか果物をカレー味にしているとは思いませんでいた。

 

しかもそれがおいしい。

 

 

世界には知らない食材がまだまだあるんだなーと思いました。

 

いつか食材探しの旅とかもしてみたいです。